TOKYO CRAFT ROOM

Foraging for stories - De Intuïtiefabriek × Woodwork / SOMA

The sweet scent of cedar lingers thick in the midsummer air. One by one, woodworker Masaru Kawai draws from his collection of hand planes, some barely the size of his palm, before a series of smooth movements send another stream of wafer-like strips curling onto the benchtop. For all of its simplicity, this process draws the attention of designers Eefiene Bolhuis and Eva Gevaert, not only for the way it conjures textures, forms and scents from within a solitary block of wood, but for the almost meditative way in which it is undertaken.

Read more

日本の針葉樹との出会い。2人が探り出すストーリー - De Intuïtiefabriek × Woodwork / SOMA

真夏の空気の中で、杉の甘い香りが濃厚に漂っている。ここは岐阜県美濃加茂にある木工家の川合優がディレクターを務める〈SOMA〉のアトリエ。彼が手のひらサイズほどのかんなを手に取り滑らかにすべらせると、削り出された木くずがテーブルを巻きつくように現れる。この単純な作業から木の質感や形、そして香りを感じ取る。これら一連の工程をじっと目を凝らして見つめる2人の女性。 〈De Intuïtiefabriek〉のデザイナー、エフィエヌ・ボイルフとエバ・ゲバルドだ。

続きを読む

About TOKYO CRAFT ROOM

Guest room and gallery The two functions of Tokyo Craft Room

In February 2019, one room of Hamacho Hotel in Nihonbashi Hamacho, Tokyo will open as a base for presenting a new perspective on craft. All around the world, craftsmanship has been evolving as designs change with the times and longstanding crafts sadly fade away. While this is also the case in Japan, the country still produces an impressive number of items through processes guided by human hands.

For Tokyo Craft Room, selected designers visit places of production to research their history of craft, techniques and materials. Drawing on this research, designers partner with local craftspeople to imagine the future of craftsmanship and develop products tailored to modern living around the world. Upon its completion, each product will be launched through a gallery-style exhibition before being given a permanent home within the room. The room will evolve with each new addition, while guests will be able to use the growing collection of products during their overnight stay.

Tokyo Craft Room will have two functions: an evolving guest room and a public gallery. The room will provide new encounters and interpretations, presenting the spirit of craftsmanship to the world.

部屋とギャラリー、ふたつの顔をもつ TOKYO CRAFT ROOM

2019年2月に東京・日本橋浜町にオープンする「HAMACHO HOTEL」の一室。この部屋は、東京を経由してクラフトの新しい価値を世界に広げる拠点となる場所です。世界中のさまざまな場所で、時代の流れとともに形を変えたり、あるいは惜しまれつつも失われていくことも多い、人の手によるものづくり。それはここ日本でも同様です。ただ、世界的に見てみると、日本には、人の手を介在するプロセスを経てものが生まれる状況がまだたくさん残されているとも言われています。

「TOKYO CRAFT ROOM」は、デザイナーがものづくりの現場に赴き、その土地、歴史、技術、素材をリサーチし、つくり手と共に未来を思い描きながら、洋の東西を問わず現代の生活に合わせたアイテムを生み出す、接ぎ目の役割を果たす活動であり場所です。完成したアイテムは客室の一部となり、「TOKYO CRAFT ROOM」に滞在するお客様に実際にご使用いただけます。そしてこの部屋をギャラリーとして順次発表され、販売も行う予定です。新たなアイテムが発表され、設置されるたびに、部屋はその表情を変えてきます。

少しずつ変化をする客室、一般開放するギャラリーという2つの要素を持つ特別な部屋「TOKYO CRAFT ROOM」。素晴らしいクラフトの技と精神が、新たな出会いや解釈を経て、この部屋から世界に、未来に向けて発信されます。