Production - Ingegerd Råman - TOKYO CRAFT ROOM

Pursuing simplicity - Ingegerd Råman × Porcelain / Koransha

The first release from Ingegerd Råman’s collaboration with Koransha can be found in celadon-black pairings in each of the 170 guest rooms at Hamacho Hotel. The Mano’s tea cups, named after the Spanish word for hand, are the culmination of new partnerships and a break from convention in one of Japan’s historic kiln towns.

シンプルの追求 - Ingegerd Råman × Porcelain / Koransha

インゲヤード・ローマンと香蘭社によって完成したカップ「Mano’S」は、2018年2月にオープンしたHAMACHO HOTELに170あるすべての客室に、青磁と黒2色のペアで設置されている。「Mano」とはスペイン語で「手」という意味。このカップは新たなパートナーシップによる集大成であり、香蘭社だけではない有田の職人との共同生産という、歴史ある窯元にはこれまでない取り組みとなった。